FC2ブログ
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

category :沖縄情報

糸満お魚センター

道の駅糸満の奥にある、糸満お魚センター。
20200210_141209-1008x490.jpg
ずっりと、鮮魚のお店が並びます。
20200210_142107-1008x490.jpg

こんな感じ。
20200210_141304-1008x490.jpg
20200210_141405-1008x490.jpg
20200210_141250-1008x490.jpg
20200210_141413-1008x490.jpg
流石は海人の街糸満o(^▽^)o

ご飯を買って、自分で海鮮丼を作るのが、お勧めのようですが、私の目的は別。
魚汁。
20200210_142040-1008x490.jpg
これが目当てなのでした。

魚のあら汁と、おにぎり、刺身も買いましょう。
中には食べる場所がないので、外のベンチコーナーへ。
20200210_142521-1008x490.jpg

旨そうじゃないですか。
20200210_142631-1008x490.jpg

魚汁
20200210_142701-1008x490.jpg
ボリュームたっぷり。

刺身が思った以上に山盛り入ってる。
魚汁も熱々。味噌と出汁が良い具合。
魚の身もたっぷり。

予想より1.5倍ぐらい予算がかかったなと思ってたら、
予想より2倍は量が多かった。
多分、これ、シェアして食べる量かも(笑)
なかなかに大満足です。(o‘∀‘o)*:◦♪

クリックプリーズ♪


こちらも参加中です。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:鮮魚
ジャンル:グルメ

久米島 その7 久米島の宴

ホテルについて16時半。
ゆっくりしながら、今夜の酒場を吟味。

南島食楽園
20200115_182917.jpg
せっかくなので、島の物を。
海ブドウ天ぷら。
20200115_183756983.jpg
ラフテー。
20200115_183833605.jpg
久米島赤鶏の唐揚げ。
20200115_184058072.jpg
お酒は、久米島の泡盛、その名も久米島。
20200115_185127699.jpg
なかなかに旨い。
泡盛を重ねて、平らげて、お店を移動。
もう、軽く一杯ぐらいいけそう。

島猿という、何気にお洒落っぽいお店。
写真は忘れましたが・・・やっぱりちょっと酔ってるかな?(笑)
もずくのたぬき(酢ではなく、だし汁)
20200115_192935380.jpg
島らっきょの餃子。
20200115_194219927.jpg
餃子、思ったより大きい(笑)
美味しいけど、お腹一杯(*≧∪≦)

今夜は泡盛と、沖縄っぽい料理で、離島気分ご満悦☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
たまには、こういうのも良いねぇ☆

ご馳走様でした。
クリックプリーズ♪


こちらも参加中です。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村

テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行

久米島 その6 ウミガメ館、畳石

続いて到着したのは、ウミガメ館
20200115_150433.jpg
ウミガメという事で、ベタですが浦島太郎もいます。
20200115_150619.jpg
ウミガメの資料が展示されており、
大きな水槽でウミガメが泳いでおります。
20200115_151505.jpg
20200115_151517.jpg

ウミガメ館の裏の浜辺が、天然記念物の畳石。
20200115_152405.jpg

浜に降りると、こんな感じ。
20200115_152518.jpg
意外と狭い。
もっと、見渡す限りかと思ってたよ。
で、こんな感じ。
20200115_152656.jpg
石垣みたいに見える。
なんでも、600万年前のマグマが冷えて固まったんだと。
表面に亀裂が入っているのではなく、こういう多角形の細長い岩が並んでるのだそう。
よくわかるねぇ、そんな事。
大したもんだよ(笑)

さて、久米島旅行1~6まで、あちこち回ってきましたが、
これ、朝9時半にレンタカー受け取って、16時までの間の事。
いやー、なかなか回ったねぇ。
1ヵ所1ヵ所の移動距離が短いから、大して運転してないけど。

久米島、1日あれば堪能できるな(^∇^)

クリックプリーズ♪


こちらも参加中です。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村

テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行

久米島 その5 熱帯魚の家、比屋定パンタ、宇江城城跡

熱帯魚の家

何のことだ?
と、ワクワクしながら来てみると、
20200115_134437.jpg
ようは潮だまり。
こんな魚が見れるらしい。
20200115_134451.jpg
こういうくぼ地の多い波打ち際で、干潮になったときに、この窪みに多くの魚が取り残されてる状態らしい。
20200115_134459.jpg
大きめの潮だまりを覗いてみると、
20200115_134809.jpg
20200115_134813.jpg
おお、居る居る。v(o゚∀゚o)v
これなら、子供は大喜びだろうなぁ。
でも、足元は、花崗岩だかなんだかが、波で削られた荒い岩場。
転んだら、擦り傷で済まない事間違いなし。
気をつけねば。
こんな感じで、飼育してるかのように、いっぱ泳いでます。

よーくみると、真ん中にカニがいる。
20200115_134905.jpg
見事な擬態。

さて、魚ウォッチに満足したところで移動です。
移動途中にあった、
比屋定バンタ
20200115_141252.jpg
展望台です。
20200115_141346.jpg
バンタとは崖の事。
辺戸岬の近くにも、こういうあったな。
やっぱり、沖縄だし、観光風景も見てくるのかな?
オフシーズンのためか、売店も休みなので、移動です。

ここからすぐのところにあったのが、
宇江城城跡
20200115_143327.jpg
久米島で一番高い場所にある、城跡という事。
上まで登ってみると、
20200115_143932.jpg
確かに良い眺め。
もっと晴れてると、他の離島まで見渡せるそうですが、ちょっと見えません。
一しきり眺めを楽しんで、移動。

クリックプリーズ♪


こちらも参加中です。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村

テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行

久米島 その4 ミーフガー、タチジャミ自然公園、太陽石。

具志川城を後にして、次に到着はミーフガー。
20200115_124730.jpg
パワースポットです。
南城市の斎場御嶽にも、似たあったな(笑)
向こうは山の中腹、こっちは波打ち際というのが違いやね。
そばまで寄れますが、波がかかるのと、かなり足場が悪いので要注意。

少し眺めて、すばやく移動。
タチジャミ自然公園
20200115_130827.jpg
駐車場とトイレの横に階段があり、けっこうテクテク降りていく。
20200115_131522.jpg
こういう、突っ立ってる岩がみれます。
さらに一番下まで降りると、遊歩道っぽくなっていますので、進んでいくと、
20200115_131937.jpg
左崖、右海、周囲藪、ケータイ圏外という、夜中に呼び出されたら命の危険しか感じない状況になっていきます(笑)
何となく滝っぽいのも見えてきました。
20200115_132219.jpg
さて、まだ先はあるようですが、正直空模様的にも、帰りにあの階段を上る事を考えると、撤退です。
最後まで歩くと何があるか見てみたい気もありましたが、体力あるうちに戻りましょう。
途中で休み休み階段を上り、移動です。
あとで、小冊子を見ると、この会談200段以上あったとか・・・そりゃしんどいわ・・・(T_T)

ウティダ石(太陽石)
20200115_140649.jpg
でっかい石です。
なんでも、この石と太陽の登る位置関係で、暦を計ったとか。
20200115_140756.jpg
この石の上の筋が方角やらを示しているそうです。
20200115_140639.jpg
凄いねぇ。
昔昔のカレンダー代わりになってたわけだ。
これで田植えの時期とかを計算してとかって、もう天才。
俺が1000人いても、想像つかない事です。
大きい石も、人によっては使い様で、史跡にもなるという事ですね。

クリックプリーズ♪


こちらも参加中です。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村

テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行

プロフィール

モグモグ勝也

Author:モグモグ勝也
沖縄移住13年目の沖縄ソバ・タコス大好きオヤジです。
サイクリングにシュノーケル、将棋にテレビゲームと多趣味?な独身生活を送っています。
さて、どこまで一人で行きますか・・・

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

犬を撫でてね

FC2カウンター

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: