FC2ブログ
011234567891011121314151617181920212223242526272803

date :2009年02月25日

名古屋旅行顛末記7 大須演芸場。矢場とん

楽しかった旅行もいよいよ4日目。

朝から友人Tはホテルから仕事へ直で向かいます。・・・大変やのう・・・
もう唯一の妻帯者Mは子供の誕生日らしく、1足先に帰宅します。

残ったのは私ともう一人Oのみ。
男二人で散歩から1日が始まります。

P2110275.jpg
P2110282.jpg

テレビ塔の展望台に650円払って上がります。
上の写真には名古屋城。
下にはモード学園のねじれビルが見えます。
このねじれビル、素人目に地震の強度とかは大丈夫なのか気になるところです。

そして、名古屋といえば味噌カツ、
味噌カツといえば矢場とんというくらいの
一大ビックネームの
矢場とん本店
P2110288.jpg

さすがはトンカツ屋。
お店のアチコチに豚がいます。
P2120293.jpg

10分ほどの待ち時間のあと、席へ通されます。
「特製黒豚ジャンボかつ」(多分メニューだった。少しちがうかも・・・)
あと3人前しかないと言われ、友人といっしょにそれを注文。
CA3A0457.jpg
1990円なり。

うーん。美味そう!

ソースと味噌と用意してあります。
すこし、辛子ををつけて、味噌でいただくと、うん、美味い。
油がすごく上品と云うか、くどくない。おまけに肉がすごく柔らかい。
さくさくと、カツだけを食べ進められてしまう。
普通はカツ食べて、ご飯か添えのキャベツで口の中の油流さないと、カツだけを食べ続けるのはきついモンがありますが、ここのはそのままカツだけを濃い味噌味にも関らず、モリモリ食べれます。
流石はどの情報誌にも味噌カツのページには載ってるだけあります。
うん、満足。

そして昼から向かったのが、
P2120295.jpg
大須演芸場。

かつて何度も潰れる危機に見舞われながらも、そのたびに有志での力で生き残ってきた
通称「奇跡の演芸場」(ガイドブックより)

木戸銭の1000円を払って中へ入ります。
かなりガランとしてます。
席数は300人くらい入れるのかな?
でも私達2人を除くと5人しかお客さん居ません。
落語、腹話術、独楽芸、ネタを歌で歌ってみるなどの芸が10分刻みぐらいで行われるのですが、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全部見終わるまでに友人と席を立ちます。

自虐、逆切れのネタが多いのは私の好むところではありません。

そして、また大須界隈をテクテクと散歩し、手品グッズの店にたどり着きます。
何気に私は手品好きなもんで、店内を見てるだけでもワクワクします。
面白い手品のネタを仕入れて、移動します。

ま、後はゲーム屋覗いたり、本屋覗いたり、パチスロ打ってみたりしながら、朝、仕事に行った友人と再合流するまでの時間を潰します。

そして、次回でとうとうこの楽しかった旅行も終わります。
気が向いたらワンクリック↓



もしくわ、こちらでもワンクリックプリーズ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

プロフィール

モグモグ勝也

Author:モグモグ勝也
沖縄移住13年目の沖縄ソバ・タコス大好きオヤジです。
サイクリングにシュノーケル、将棋にテレビゲームと多趣味?な独身生活を送っています。
さて、どこまで一人で行きますか・・・

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

犬を撫でてね

FC2カウンター

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: