FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

date :2009年12月15日

北部巡り④伊江島

朝8時に港へ着き、8時半出港。
PC091489.jpg

海路で30分で伊江島です。
車を置いていき、島で原付を借りたのは、先に書いたとおりです。
そして、これが思わぬファインプレーだったのは、この時には知る由も無い。

まずは、島に来た一番の目的地、城山(たっちゅー)に向かいます。
PC091497.jpg
この島、唯一の山で、島のどこからでも見えるようにニョキっと立ってます。
世界でも珍しい出来かたをした岩山らしいです。
PC091500.jpg
中腹まではバイクであがれます。
売店の横に登山口があります。
さいしょは、ゆるやかな舗装された道で、油断させといて、すぐに急な階段が頂上まで続きます。
途中で3回くらい、息整えるのに小休止しました。
横を修学旅行の高校生たちが元気に登って行きます。
ああ、若いっていいなぁ・・・

PAP_0687.jpg
頂上です。
後ろは柵、ネットなど何も無く、階段登りのおかげで膝が笑って、風も強く、けっこうビビリながらの1枚です。
先ほどの高校生に撮ってもらいました。

TS3O0608.jpg
360°、島全体が一望できる大パノラマです。

さて、山を降りると、島に来た2番目の目的。
伊江島牛です。

TS3O0616.jpg
島で、唯一、伊江島牛が食べれるという食堂です。

ステーキでは無く、焼肉でした。
1人前1500円
TS3O0619.jpg
脂ものって、ジューシーで美味しい。
なにより、1500円のわりにお肉が一杯あって嬉しい(^^)
味噌ダレと、醤油ダレが着いてますが、醤油の方がさっぱりして美味いなあ。

さて、お腹を膨らませたら、船の時間まで1時間15分あります。
案内板を見ながら次の目的地を選びます。
TS3O0627.jpg

湧出(わじー)展望台。
TS3O0632.jpg

海が素晴らしく、澄み切った蒼。
紺碧とはまさこれ。
TS3O0637.jpg

続いて
TS3O0649.jpg
ニャティヤ洞
戦時には島人が隠れたという大きな洞窟で、1000人入れることから1000人洞とも呼ばれるそうです。
TS3O0665.jpg

TS3O0661.jpg
洞の中には岩がありまして、この岩を持ち上げて思いと思ったら、生まれてくる子は男の子、軽ければ女の子という言い伝えがあるそうです。
まったく持って、予定もありませんが、持ってみます。
重い。
私が将来、授かるかもしれない子供は男の子らしいです。

さて、船の時間まで40分になりましたので、港に戻ります。

が、迷子になりました。
走れど走れど、どこもかしこも同じ風景で、港にたどり着けません。

やばい。

城山を目指して走れども、畑がいっぱいでまっすぐ走れず。

とうとう出港15分前!

畑仕事のおばさんに道を聞いて、
原付を返したのが出港5分前。

あわててフェリーの飛び乗ります。

これ、車で行ってたら、多分アウト。

最後に港でゆっくり土産物なんかを見る時間も無く、伊江島を後にします。
やばかったぁ・・・・




もしくわ、こちらでもワンクリックプリーズ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行

プロフィール

モグモグ勝也

Author:モグモグ勝也
沖縄移住13年目の沖縄ソバ・タコス大好きオヤジです。
サイクリングにシュノーケル、将棋にテレビゲームと多趣味?な独身生活を送っています。
さて、どこまで一人で行きますか・・・

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

犬を撫でてね

FC2カウンター

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数: